同じファッション

同じファッション

母が突然、もう着ないと思う洋服をごっそり処分しているのを目にしました。衣装もちの母が、急にどうして?!と不思議になり、聞いてみると『可愛い洋服を買って、着ていたほうがハッピーだから』との答えが返ってきました。

 

確かに、よくよく考えてみると、母はたくさん洋服を持ってはいるものの、それらは全て何年も着ているものばかりなのです。きっと、今まで私や姉のことにお金を使い、何年も同じ洋服を着て節約してくれていたんだろうな…と急に切なくなってしまいました。

 

皆さんは、いかがでしょうか。同じ洋服って、そのくらい着ていますか?物持ちの良いかたは、きっととても長く同じ洋服をきていらっしゃることでしょう。物を大事にするということは、とても良いことです。ですが、ファッションという面から考えてみると、何年も同じものを着ているのは、あまり良くないのかもしれませんね。

 

 

良くないというと勘違いされてしまいそうですが、同じ洋服を何年も着ていると、ファッションセンスが変わらないと思うのです。同じ洋服を着ながら同じ気持ちで毎年過ごすよりも、新しいものを着てワクワクしているほうが、ハリがあると思いませんか。

 

 

特に、もうよれているような洋服は、なんとなく雰囲気までをも暗くしてしまいます。洋服も、消耗品のひとつです。綺麗なうちにきているからこそ、着こなすことが出来るのです。