無駄毛の脱色

無駄毛の脱色

薄着の季節になると服から出た腕や脚の無駄毛が気になるところですよね。みなさんいろいろな方法で処理をしていると思いますが、脱毛や除毛などと少し違って「脱色」するという方法もあるということをご存知でしょうか。

 

もちろん「脱色」をするということは、脱毛や除毛と違って毛がなくなるものではありません。もともと生えている毛に対して色を抜く事によって無駄毛を無駄たなくさせる方法ですので、無駄毛はそのままあります。

 

ただ、脱毛や除毛の手間などを考えたら脱色の効果の持続はながめですし、肌への負担も少ないというメリットもあります。ですがこの方法はもともと毛の少なめの人にむいている方法で、毛深い人は無駄毛がキラキラと光ってしまって余計に目立ってしまう場合もありますし、肌の弱い人などは放置時間に耐えられないほどヒリヒリしてしまうこともあるようです。

 

中には脱色をすることによって毛がのびたとか、毛が太くなったなどという意見もありますので効果の個人差が大きいようです。また、目立たなくなっただけであってそこには毛が生えているので、触った感触などは脱毛した時などに比べるとツルツル感はなく、フサっとしたさわり心地が残ります。

 

また顔には使えないため、露出する手足の無駄毛を目立たなくさせる為だけに使用するものだと言えるでしょう。近くによると脱色された無駄毛がわかるので、よりキレイな肌を・・・と考えている人にはきちんとした除毛や脱毛がお勧めです。