化粧水のつけかた

化粧水

スキンケア化粧品のなかで、一番たくさん使うのは、やはり化粧水でしょう。私も30歳になり、いよいよ肌が衰え始める頃なので、毎日化粧水をたっぷり使用して、肌に潤いを与えてあげています。

 

 

 

肌が潤っていると、その後に使用する美容液の効果もより良くなります。肌に潤いがない状態で美容液などを使用しても、効果は激減してしまうので気をつけましょう。

 

化粧水って、皆さんは手でつけますか?コットンですか?私は手で、包み込むように優しく化粧水をつけています。コットンが良いというかたもいらっしゃいますが、コットンと肌の摩擦によって、肌の表面に小さい傷をつけてしまうことになります。

 

そうなると、肌にも良いことはなく、トラブルを招いたり、老化を促したりしてしまうので、気をつけたいところです。化粧水も美容液も乳液も、私は手で直接つけるようにしています。この手でつける方法で、今まで不便に感じたこともないですし、肌のトラブルもありません。

 

化粧水は、肌を優しく押さえるようにしながら、手のひらや部分的には指の腹でつけていくと良いと思います。 あまりパッティングをしても、化粧水が肌に浸透する量にかかわりはないので、力は入れないようにしてくださいね。

 

化粧水の量も、十分に使うようにするほうが良いと思います。毎日のスキンケア、少しだけ意識をしながら行ってみてくださいね。