朝ごはんを食べる

朝ごはんを食べる

学校などでアンケート調査をしたりすると、多くてビックリする項目があります。

 

それは朝ごはんを食べていないという事。最近の子供は朝ごはんを食べずに学校に来る子が多いようなのです。私が子供の頃は、どんなに遅く起きても、どんなに遅刻してしまいそうになっても、朝ごはんを食べてからじゃないと学校に行かせてもらえませんでした。

 

今思うと朝ごはんの重要さを知っている親の愛情だったと感じます。現代は昔と比べると取り巻く環境が変わってきていますね。通勤圏内、通学圏内、非常に広がっていると思います。朝、電車で1時間半かけて会社に行くとか、私立の学校に行くとか多々聞きます。

 

そうなると起きる時間も早くなり、朝ごはんをゆっくり食べる時間も取れないという事が多くなるんでしょうね。でも、そういった生活を送って全く影響がないという事はありえません。

 

お昼ごはんを食べる時間というのは決められていますから、どんなにお腹がすいてもその時間までは我慢しなきゃいけませんよね。まずお腹がすいていると集中力が低下します。

 

栄養が行き渡らずに頭の働きも悪くなります。仕事にしても勉学にしてもはかどりませんよね。学生だと体育などの運動をする時間もあり、良い動きが出来なくなるというのは目に見えてわかると思います。

 

この生活を繰り返していると健康自体に影響が出てくると思います。体調がずっと悪いと思ったら、まず食生活に目を向けてみてください。

 

近頃、頻尿なので対策が必要です。サプリを購入予定です。楽しみです。

 

痛風にならない為の知識ならこちらを参考にしてください。